椎間板ヘルニアが見つかっても手術をしてはいけない理由

今回は椎間板ヘルニアになっても手術をしてはいけない理由について話していきます。

この話はヘルニアになった人のなかで手術の必要のない8割の方に向けて話していきます。

なぜ、その8割の人に向けてこの話をするかと言うと、ヘルニアの診断を受けてもちゃんと説明も受けず不安を感じている方が多いからです。

 

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは、背骨のクッションである椎間板が本来あるべき位置から飛び出してしまったものです

飛び出してしまったら手術しかないのかと思われるでしょうが、実は病院でも第一選択は手術ではありません

それはなぜかというと、椎間板ヘルニアは手術をしなくとも治癒力を高めることで改善するからです。

 

椎間板ヘルニアの構造による分類

なぜ、椎間板ヘルニアが改善するのかは椎間板ヘルニアの構造を知ることでわかります。

椎間板ヘルニアは構造によって4つに分類される

①膨隆型…髄核が繊維輪を押し、背中側に膨らむ

②脱出型…髄核が繊維輪をを破って飛び出し、後縦靭帯を押している

③穿破脱出型…髄核が後縦靭帯を破って飛び出している

④遊離脱出型…飛び出した髄核の一部が元の髄核から分離、移動している

4つを大きく2つに分けると

①、②は靭帯のなかに収まっている

③、④は靭帯も破り外に飛び出している

椎間板(髄核)が靭帯の突き破っているか突き破っていないかで分けることができる

 

手術をしなくていい理由

ここから手術をしなくても椎間板ヘルニアが改善する理由を話していきます。

①、②のタイプは靭帯を押しているだけで、椎間板が元々ある場所に収まっているのでそもそも手術で取り出す必要ない

③、④のタイプは靭帯を突き破って外に出てしまっているので元の場所に戻ることは考えにくいです。

じゃあ、手術が必要かと言われるとそうではありません。

飛び出してしまった椎間板は貪食細胞が食べてくれます

だから、飛び出した部分がなくなるので手術の必要がありません

 

注意点

今回は椎間板の問題だけを話していますので、炎症が治ったとしても神経痛や痺れが自然と消えるかは別問題です。

神経は長時間の圧迫や牽引により神経自体が傷むことがあり、そうなるとヘルニアによる問題が解決しても神経痛や痺れが残る場合があるので、

その場合は神経に対してアプローチする施術を行う

 

私がオススメするセルフ対処法

①、②のタイプは固定と運動

押されている靭帯は炎症を起こし腫れていると考えられるので靭帯の炎症を広げないためにコルセット等で関節の固定をし、痛みの出ない範囲で動き周りの血流をよくして早く腫れや炎症を無くすようにする

セルフケアではないですが、痛くて動けない状態であれば、鍼を使って炎症を取るのはオススメ

③、④のタイプは、お灸を行う

お灸は擬似的に火傷をしたのと同じ状態になるので、貪食細胞の数が増え活発に働くので、飛び出したヘルニアが小さくなる可能性が高まります

ドラッグストアに売っている市販のお灸でいいのでヘルニアのある場所にお灸をしましょう。

詳しくは動画で解説

↓↓↓↓

膝の痛みを取る方法

膝の痛み

今回は、『膝の痛みを取る方法』について話していきます。

なぜ、この話をするかというと

多くの人が膝の痛みを取る方法を間違えているからです。

 

よくある間違い

よくある間違いとして、

・膝に電気をかける

・膝の周りをマッサージする

・膝の内側の筋肉を鍛える

これを見ているあなたも似たようなことしていないですか?

それで膝の痛みが取れていますか?

なかなかそれでは痛みは取れていないと思います。

 

膝の痛みの原因

では、なぜ痛みが取れないかというと

膝に原因がないからなんです!

本当の原因はどこにあるかというと

『大腿神経』が本当の原因です。

 

大腿神経とは

大腿神経は腰から始まって、股関節の前を通ってふとももから膝に分布している神経です。

だから、大腿神経が悪くなると、膝に痛みを出します。

 

大腿神経が痛む理由

そして、大腿神経が悪くなる理由の一つに、

大腿神経が股関節の前を通るところで大腰筋という筋肉によって圧迫されたり、刺激されることがあります。

 

大腿神経痛の特徴

大腿神経痛の特徴として、

・階段の上りで膝が痛い

・車の乗り降りで膝が痛い

・膝の内側よりもお皿周りなど全体的に痛い

・膝崩れが起こる

 

まとめ

ここで、簡単にまとめると

股関節の前を通るところで大腰筋によって大腿神経が刺激され、大腿神経痛として階段の上りや車の乗り降りで膝が痛くなったり、膝崩れが起こる。

 

自分で治す方法は動画で解説します

↓↓↓↓

膝の痛みを取る方法【新潟 膝の痛み 膝崩れ】

☆相談はこちらから☆

↓↓↓↓

肩甲骨の内側の痛みはこうやって取る!

神経痛

今回は、肩甲骨の内側の痛みを取る方法について話していきます。

なぜ、この話をするかというと、肩甲骨の内側の痛みを肩こりや筋肉の痛みだと勘違いしている人が多いからです。

 

肩甲骨の内側の痛みは筋肉ではない

肩甲骨の内側の筋肉を見ていただくと、縦ではなく、横に走行しているのがわかります。
でも、肩甲骨に感じている痛みは縦ではないですか?

この矛盾が筋肉ではない証拠になります

 

肩甲骨の内側に痛みの原因

肩甲骨の内側に痛みの本当の原因は、首の神経になります。
詳しく説明すると、首の7番目の神経根が何らかの刺激(ダメージ)を受けた事が原因になります。
それを頚部神経根症と言います

 

頚部神経根症とは

症状としては、片側だけの痛みや痺れ

特徴は、首を後ろに倒すと症状が強くなります。

 

肩甲骨の内側の痛みを改善する方法は

先ほど話した通り、肩甲骨の内側は首の7番目の神経が原因です
7番の神経は腕にもあり、その神経の通っている腕を刺激する事で肩甲骨の内側の痛みが取れます。

 

自分で治す方法は動画で解説します
↓↓↓↓
肩甲骨の内側の痛みを取る方法【新潟 鍼灸 背中の痛み】

RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法

未分類

今回は、『RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法』について話していきます

なぜ、この話をするのかというと、多くの人がRSDの激しい痛みに苦しんでいるからです。

 

RSD(反射性交感神経性萎縮症)とは

手術や骨折、脱臼、突き指での神経への刺激が発端となって、交感神経の異常なまでの興奮が起こり血管を収縮し、神経が萎縮する状態。

 

RSD(反射性交感神経性萎縮症)の症状

症状としては、激しい痛み、血流が悪い為皮膚の色が悪くなる

特徴的な症状として、焼けるような痛みがあり、私の診ていた患者さんでも「火鉢を差し込まれるようだ」と仰っていた方もいました。

 

RSD(反射性交感神経性萎縮症)を治すにはどうすればいいのか

一般的には交感神経節ブロックです。

ですが、先程説明した通り、交感神経が異常に興奮し、神経への血流が阻害されることが根本原因なので、交感神経の興奮を抑え、神経への血流を回復させることが根本的な改善方法になります。

 

神経への血流を回復させる方法は

脊髄反射を起こすことで、交感神経の興奮を抑え、神経への血流を改善させていきます。

その『脊髄反射』を起こす方法がありますので一緒にやっていきましょう

セルフケアや詳しい解説はこちら

↓↓↓↓

RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法【新潟 自律神経 鍼灸】

あなたの神経痛・しびれが治らない理由

今回は『神経痛・痺れがなぜ治らないか』を話していこうと思います。

今回の話を最後まで聞いていただければ、あなたの神経痛や痺れがなぜ治らないのか、
神経痛や痺れはどうやったら治るのかがわかるようになっていますので最後まで見て下さい。

 

神経痛や痺れが治らない理由

よく、神経痛や痺れがあると圧迫している筋肉をほぐしたり、硬くなっている筋肉をストレッチしたりしますよね

これが間違いで、圧迫を取っただけでは神経痛や痺れは治りません

現に、椎間板ヘルニアは圧迫の代表格のようなものですが、
その圧迫している椎間板ヘルニアを手術で取り除いても神経痛や痺れは残ったままという話をよく聞くと思います

これは圧迫だけを取り除いても神経痛や痺れが改善しないことの証明だと思います。

じゃあ、なんで圧迫を取り除いても治らないかというと、
神経自体が痛んでしまっているからなんです。

圧迫も正座のように短時間であれば、問題ないですが、
長時間続けば圧迫されていた神経自体が傷つきます
だから圧迫だけを取り除いても神経痛や痺れは改善しないです。

 

どうやったら傷ついた神経が修復するのか

 

では、どうやったら傷ついた神経が回復し、神経痛や痺れが治るのかというと
傷ついた神経に血液を集めてあげることです

ここでも良く勘違いしてしまうのですが、

マッサージなどで血流を良くしても神経に血液は集まりません

じゃあ、どうやったら傷ついた神経に血液を集めることができるかというと、
「嫌なもの反射」と言われているもので、痛みを与えることで神経を栄養する血液量を増やすことができます。

 

これを見ているあなたに、とても簡単な神経を栄養する血液量を増やす方法を動画でお伝えします
↓↓↓↓

 

新潟市で坐骨神経痛・ヘルニア・腰痛の治療はかとう鍼灸接骨院