坐骨神経痛にストレッチは有効?

坐骨神経痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

世間はゴールデンウィークですね。

 

天気も良くて、お出かけ日和で最高です。

 

私は接骨院にいますが、、、

 

当院は土・日・祝日もやっていますので、突然のケガや平日に通院できない方も対応しておりますので

よろしくお願い致します。

 

ご案内も終わったので本題に

 

今回で3回目ですが坐骨神経について書いていこうと思います。

 

今日はストレッチが有効かという話をしていこうかと思います。

 

先に結論からいいますと有効か無効かでいえば有効です。

 

でも、条件があります。

 

坐骨神経痛に関していえば、前回お話しした原因は様々あるということです。

 

原因が違えば対処方法も変わります。

 

だから、ストレッチが有効なものもあれば無効なものもある。

 

逆に悪くなる、治りを遅くするものもあります。

 

恐いですね、分からずにやっていると。

 

神経は圧迫と牽引に弱いんですよね。

 

ストレッチは筋肉を伸ばしているので牽引しているとも取れますよね?

 

だから、自分の体の状態を知ることが大事になります。

 

「TVで紹介していたストレッチをやったら痛くなった」、

「ストレッチを毎日やれと言われたがやっても変わらない」

 

本当に今のご自分の体の状態にあっているのでしょうか?

 

今回は難しかったですが、大事なお話でした。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

坐骨神経痛は腰が原因じゃない?

坐骨神経痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

 

昨日は大阪でセミナーがありお休みをいただいていました。

 

当日、お電話していただいた方もいらっしゃいましたが対応できず申し訳ありませんでした。

 

子供に大阪のお土産に食い倒れ人形の缶に入ったお菓子を買って帰ったんですが

 

一言目に「なんか怖い」と言われそのまま放置されてしまいました。

 

はい、では本題に

 

この前の続きで坐骨神経について書いていこうと思います。

 

坐骨神経は腰が悪い人がなるようなイメージを持っているんではないでしょうか?

 

確かにそのような方に多いですね。

 

坐骨神経は腰の神経2本と仙骨(骨盤)の神経3本が束になって作られています。

 

神経は圧迫も嫌ですが牽引されることも嫌がります。

 

坐骨神経は腰の背骨から出てきてお尻やふとももを通り膝の裏に伸びているんですが

 

背中の筋肉に背骨が引っ張られたり、足の筋肉が硬くなり神経が引っ張られたりするだけで

 

神経痛やしびれが出てきます。

 

ですので、画像上の検査結果だけでなく、姿勢や筋肉の状態などをすべて考え、

 

なにが問題になっているかを考えることが重要です。

 

だから、腰に問題のない人でも坐骨神経痛になることもあります。

 

病院で検査をしても問題なかったなんて場合は今回話したあたりが関係しているかもしれませんね。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

それって【坐骨神経痛】?

坐骨神経痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

 

最近は寒くなったり暑くなったり体調を崩してはいませんか?

 

私は元気いっぱい毎日施術をさせていただいています。

 

ただ、お花見にも行きたいのに行ける時間にいつも雨で行けてないのがちょっと残念です。

 

でも雨の中ぽっぽ焼きだけ子供と買いに行きました。おいしいですね。

 

 

では、本題に。

今回は坐骨神経痛について書いていきます。

 

坐骨神経痛はみなさんも耳にしたことがあると思います。

 

足がしびれていたりすると坐骨神経痛だと言われたといって当院に来院される方もいます。

 

確かに坐骨神経も関係しているんですが足にはたくさんの神経があり、坐骨神経もその中のひとつです。

 

大腿神経、伏在神経、足底神経など足だけでも10個以上神経があります。

 

なので、しびれや痛みがある場合、そういったものを正確に把握することが治療の一番大事なことであり、

一番最初にやらなければならないことになります。

 

じゃあどうやって把握するの、なんで大事なのっていうところを何回かにわけて書いていきますので

楽しみにお待ち下さい。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

三周年!!

未分類

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

本日で、かとう鍼灸接骨院は2015年4月10日に開院してから3年が経ちました。

 

ここまで続けてこれたのも多くの患者様の支えがあったからこそだと思っています。

 

本当にありがとうございます!

 

これからも患者様ひとりひとりと真剣に向き合い、患者様に頼りにしていただける場所になるため

努力してまいりますので4年目もよろしくお願い致します。

 

上の写真のお花はお祝いにいただきました。

ありがとうございます。

大事に飾らせていただきます。

 

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

 

精神疾患のセルフケア

精神疾患

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

 

今回は精神疾患の4回目です。

一旦これで終わりにしようと思います。

 

最後はセルフケアの部分を書いていこうと思います。

 

前回の話で胃を冷やさないなども自己養生として使っていけると思いますので

そのあたりも一緒に取り入れてくださいね。

 

体をリラックスさせる、自律神経を整える方法になるんですが、

正しい呼吸を行うということです。

 

正しい呼吸とはゆっくりしたリズムでおなかの底から吐き出し、肺を十分に膨らませるようにします。

簡単に言うと大きく深呼吸です。

体の力を抜いてやってみてください。

 

前にお話しした神経伝達物質の「セロトニン」は必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で作られます。

トリプトファンは体内で作ることができないので食事で取るしかありません。

 

そこでトリプトファンの多い食品のご紹介、青魚、赤身の肉、乳製品、アーモンド、バナナなどです。

 

しかし、トリプトファンだけではセロトニンになれません。

他に必要なものはビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムです。

 

ビタミンB6はニンニク、バナナ、レバー、マグロなど

ナイアシンはカツオ、肉、玄米、まいたけなど

マグネシウムはひじき、わかめ、玄米など

 

バランスよく食べてください。

 

最後に注意点を。

 

加工されたお菓子、砂糖などの精製されたものはビタミンBを消耗するので控えめに。

 

できるところから試してみてください。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

新潟市西区【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院