私の思い

私の思い

部活動に明け暮れた学生時代

 

生まれは新潟で、小・中・高と部活動にあけくれた学生生活を送っていました。

小・中はバスケットボール部、高校はハンドボール部でした。

今のこの仕事を目指すきっかけもやはり部活でした。

 

成長期にあたる、小~中学生のときに、部活中に膝が痛くなりだしました。

 

でも、部活を休めば、試合に出してもらえなくなるんじゃないかと思い、我慢して練習を続けていたら、膝の成長痛がどんどんひどくなり、

最後は、はくり骨折になってしまい、運動禁止、病院でのリハビリが始まりました。この時はかなり落ち込みました。

 

そんな心も体もボロボロの状態だったときに親身になってリハビリを行ってくれた先生にあこがれ、

いつか自分もリハビリの先生になりたいと思うようになりました。

(当時は、リハビリの先生がなんの資格かも分からなかったですが)

 

なんとか中学生の頃から目標がぶれず、高校卒業後、リハビリの先生(理学療法士)ではないですが、

鍼灸師の資格を取れる専門学校に入学、無事資格を取ることができました。

 

資格を取得、いざ就職へ!

 

埼玉の鍼灸接骨院に就職し、8年間多くの経験を積みました。

朝は7時から働き、昼休みを利用し、柔道整復師の資格を取りに専門学校へ通い、

夜は23時まで働く日々を3年間続けました。

 

この時が一番つらかったですが、患者様の「良くなった、ありがとう。」の言葉をたくさんいただけるようになり、

成長を自分でも感じることのできた充実した3年間でした。

 

その後は、院長として店舗を任され多くの患者様を施術し、経験・知識共に高めて参りました。

 

そんななか祖父が手術・・・

 

埼玉に就職して間もない頃、祖父は首の【脊柱管狭窄症】と診断され手術を受けました。

手の痺れや痛みに悩み手術に踏み切ったそうです。

 

実際、手術を受けた後も、手の痺れや痛みは改善することなく、逆に寝て過ごすことが多くなり、筋力は衰え、

自転車でどこにでも出かけていた姿は見ることはできなくなったそうです。

 

離れて生活をしていたからなのか、心配をかけたくなかったのか、手術を受ける前に相談を受けることはありませんでした。

 

実際、何年間も会う時間も作らず、祖父も私に脊柱管狭窄症の知識があることも知らなかったでしょう。今は後悔の思いしかありません。

 

このことがきっかけでいつか新潟に帰り開業したいという思いが芽生えました。

 

開業の決意

 

もし開業するなら祖父と同じように神経痛やしびれで悩んで知る方、手術をしてもよくなるのか不安、

できることなら手術をせずに改善させたいと思っている方の役に立ちたいと思い、

多くのセミナーや勉強会に参加し、がむしゃらに技術や知識を習得してきました。

 

その結果、埼玉で勤務していた際にも同じような悩みを抱えていた多くの方を改善に導くことが出来るようになっていました。

 

開業と祖父との別れ

 

いざ、新潟で開業し番号1番の診察券も祖父に作り準備をしていましたが、もう施術を受けにくる体力もなく治療院に来ることは一度もありませんでした。

 

時間がある時は施術をしに祖父の家に行ったりもしましたが、ありがたいことに治療院は多くの患者様に来ていただき忙しくあまり行くこともできませんでした。

 

そして、開業し一年も経たず祖父は亡くなりました。

 

もし、手術を受ける前に私の施術を受けてもらえていたら、

せめて相談だけでも受けてアドバイスできていたら、

たとえ手術を受けたとしてもリハビリやアフターケアできていたら、

 

 

 

多くの後悔がありました。

 

悔やんでも悔やみきれない気持ちです。

 

私の目標

 

今の私は経験や知識、技術があります。

 

祖父と同じように不安な日々を過ごし、どうしていいかわからず勧められるがまま手術を受け、

症状の改善もせずつらい生活を送っている方にやりたいことをやれる、なりたいものになれる、そんな喜びを提供して

新潟で一番患者様が喜んでくれる治療院を作っていきます。

 

そしてその喜びを家族のように一緒に喜び合うのが私の目標です。

 

 

今では実際に患者様からお喜びの声や口コミサイトにも多くのお喜びの投稿をしていただき、少しずつではありますが目標に向かってすすむことが出来ています。

 

 

これを読んでくれているあなたも「今の悩みや不安がなくなったらやりたいことがある!」と思っているならすぐにご連絡ください。

 

 

私はあなたの悩み、不安に全力で応える準備をして待っています。

骨盤はゆがむ?

未分類

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

 

久しぶりの更新です。

 

今回は患者様からよくいただく質問に答えていこうと思います。

 

その質問とは、「骨盤がゆがんでませんか?」というものです。

 

ゆがみません。

骨がゆがむというのは変形していることになります。

 

また、ずれるということもよくききますが、骨盤は強力な靭帯で固定されている為ほぼ動きません。

動くとしても1~2mmくらいです。

 

もし、それ以上動いてしまったら、激しい痛みがあり動くこともつらくなります。

 

ただ、この質問をされる方は骨盤の左右の高さが違うのが気になっていました。

骨盤はゆがんでない、ずれてもいないならどうして高さが変わるのかというと・・・

 

【傾いている】からです。

 

骨盤には多くの筋肉がくっついています。

その停止する筋肉が短縮してしまうと引っ張られ骨盤が傾きます。それで高さが変わったり、

足の長さに左右差が生まれます。(実際には足の長さは同じだが短くみえるだけ)

 

なので、骨盤を引っ張りすぎている筋肉を改善してあげれば正常な状態に戻ります。

 

ご要望があればセルフケアなどもブログに書いていこうと思います。

 

今回はこのへんで

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

坐骨神経痛にストレッチは有効?

坐骨神経痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

世間はゴールデンウィークですね。

 

天気も良くて、お出かけ日和で最高です。

 

私は接骨院にいますが、、、

 

当院は土・日・祝日もやっていますので、突然のケガや平日に通院できない方も対応しておりますので

よろしくお願い致します。

 

ご案内も終わったので本題に

 

今回で3回目ですが坐骨神経について書いていこうと思います。

 

今日はストレッチが有効かという話をしていこうかと思います。

 

先に結論からいいますと有効か無効かでいえば有効です。

 

でも、条件があります。

 

坐骨神経痛に関していえば、前回お話しした原因は様々あるということです。

 

原因が違えば対処方法も変わります。

 

だから、ストレッチが有効なものもあれば無効なものもある。

 

逆に悪くなる、治りを遅くするものもあります。

 

恐いですね、分からずにやっていると。

 

神経は圧迫と牽引に弱いんですよね。

 

ストレッチは筋肉を伸ばしているので牽引しているとも取れますよね?

 

だから、自分の体の状態を知ることが大事になります。

 

「TVで紹介していたストレッチをやったら痛くなった」、

「ストレッチを毎日やれと言われたがやっても変わらない」

 

本当に今のご自分の体の状態にあっているのでしょうか?

 

今回は難しかったですが、大事なお話でした。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

坐骨神経痛は腰が原因じゃない?

坐骨神経痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

 

昨日は大阪でセミナーがありお休みをいただいていました。

 

当日、お電話していただいた方もいらっしゃいましたが対応できず申し訳ありませんでした。

 

子供に大阪のお土産に食い倒れ人形の缶に入ったお菓子を買って帰ったんですが

 

一言目に「なんか怖い」と言われそのまま放置されてしまいました。

 

はい、では本題に

 

この前の続きで坐骨神経について書いていこうと思います。

 

坐骨神経は腰が悪い人がなるようなイメージを持っているんではないでしょうか?

 

確かにそのような方に多いですね。

 

坐骨神経は腰の神経2本と仙骨(骨盤)の神経3本が束になって作られています。

 

神経は圧迫も嫌ですが牽引されることも嫌がります。

 

坐骨神経は腰の背骨から出てきてお尻やふとももを通り膝の裏に伸びているんですが

 

背中の筋肉に背骨が引っ張られたり、足の筋肉が硬くなり神経が引っ張られたりするだけで

 

神経痛やしびれが出てきます。

 

ですので、画像上の検査結果だけでなく、姿勢や筋肉の状態などをすべて考え、

 

なにが問題になっているかを考えることが重要です。

 

だから、腰に問題のない人でも坐骨神経痛になることもあります。

 

病院で検査をしても問題なかったなんて場合は今回話したあたりが関係しているかもしれませんね。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

それって【坐骨神経痛】?

坐骨神経痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

 

最近は寒くなったり暑くなったり体調を崩してはいませんか?

 

私は元気いっぱい毎日施術をさせていただいています。

 

ただ、お花見にも行きたいのに行ける時間にいつも雨で行けてないのがちょっと残念です。

 

でも雨の中ぽっぽ焼きだけ子供と買いに行きました。おいしいですね。

 

 

では、本題に。

今回は坐骨神経痛について書いていきます。

 

坐骨神経痛はみなさんも耳にしたことがあると思います。

 

足がしびれていたりすると坐骨神経痛だと言われたといって当院に来院される方もいます。

 

確かに坐骨神経も関係しているんですが足にはたくさんの神経があり、坐骨神経もその中のひとつです。

 

大腿神経、伏在神経、足底神経など足だけでも10個以上神経があります。

 

なので、しびれや痛みがある場合、そういったものを正確に把握することが治療の一番大事なことであり、

一番最初にやらなければならないことになります。

 

じゃあどうやって把握するの、なんで大事なのっていうところを何回かにわけて書いていきますので

楽しみにお待ち下さい。

 

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

新潟市で坐骨神経痛・ヘルニア・腰痛の治療はかとう鍼灸接骨院