膝の内側の痛みの原因は変形では無く、伏在神経障害だ

膝の痛み

今回は、『膝の内側の痛みの原因は変形ではない』について話していきます

この内容を最後まで聞いてもらえれば、レントゲンを撮って変形性膝関節症と言われたその膝の痛みを劇的に取る方法を学ぶことができて、歩いても痛みの出ない膝を手に入れることができます

大きな間違い

多くの方が、膝の内側が痛くて病院に行くとレントゲンを撮って「膝が変形している」と言われます

ここで、変形しているから痛いと思わされるんです。

実際、膝が変形している人でも痛みが無く生活している人もいますし、
膝が変形したままでも、痛みのない生活を取り戻している人もいます。

本当の原因は

なぜ、そのようなことが起こるのかというと、
膝が変形しているから痛いのでは無く、膝の神経が原因で痛みを出しているから痛いのです。

その神経は「伏在神経」と言います

伏在神経は膝の内側の通る神経で、太腿の筋肉の間の隙間で絞扼されることで膝に痛みを出しています
伏在神経の通り道が膝の痛みが出ているところとよく似ていると思います

伏在神経障害の治し方

いわゆる、神経痛になるのですが、神経痛は「もっと血液を送ってくれ」と体が発しているSOSのサインです
したがって、この場合になすべき事は、神経に血液を送るための刺激を加えることです
具体的には、絞扼されている筋肉の隙間を刺激することで伏在神経痛を改善させます

 

自分で治す方法は動画で解説します
↓↓↓↓
膝の内側の痛みは変形ではなく伏在神経痛【新潟 膝の痛み 変形】
https://youtu.be/JP2iebyTnsY

お尻の硬さをとって、足の神経痛や痺れを改善する方法【梨状筋症候群 坐骨神経痛】

坐骨神経痛

今回は、お尻の硬さを取って足の神経痛や痺れを改善する方法について解説していきます。

このブログを最後まで見てもらえれば、多くの足に出ている坐骨神経痛をはじめとする神経痛や痺れを改善させることができるようになります。

なぜ、お尻なのか

多くの神経痛や痺れはお尻の筋肉の硬さが原因だからです。
坐骨神経はお尻の筋肉である梨状筋を通って足に分布します
その梨状筋部分で、筋肉が固くなっていると坐骨神経を圧迫し、足に神経痛や痺れが出現します。

これを『梨状筋症候群』と言います

ですので、坐骨神経痛をはじめとする足の神経痛や痺れはお尻の硬さが原因になるのです。

どうやってお尻の硬さを取るの?

マッサージなどでお尻の筋肉の硬いところだけほぐしてもダメです
硬いところとお尻の筋肉に命令している支配神経も一緒にほぐしていかないとお尻の硬さを根本から取ることができません

支配神経とは、筋肉に硬くなれとか、柔らかくなれと命令している神経のことです
その支配神経が緊張している状態だとお尻の筋肉はどんなに柔らかくしてもすぐに元の固まった状態に戻ってしまいます。

お尻の硬さを取る3つのポイント

お尻の支配神経と梨状筋を合わせて、お尻の硬さを取るポイントが3点ありますので、まずはそちらから確認していきましょう

 

①お尻の真ん中(梨状筋)

②仙骨のきわ(中殿皮神経)

③骨盤のへり(上殿皮神経)

この3点の硬さをとっていくことが神経痛の改善になります

お尻の硬さをとるセルフケア

実際にお尻の硬さを取る
セルフケアはこちらを見てください
↓↓↓↓
お尻の硬さを取って坐骨神経痛を改善する方法【新潟 坐骨神経痛 鍼灸】
https://youtu.be/0TpVKn2KSso

神経痛専門の治療家が勧める、足のすねの痺れを取るツボ

坐骨神経痛

痺れってなに

 

痺れというのは、局所的に交感神経が緊張している状態で、血流障害を起こしていると考えられます。
例)手術をしても痺れが取れない
これから副交感神経の働きを高めて、血流を増加させ、痺れを取る方法を紹介します。

 

すねの神経とは

 

すねの痺れは総腓骨神経に問題が起こっています。

総腓骨神経とは、腰から出てきた坐骨神経が膝の裏で枝分かれした内の1つです。

 

セルフケアの適応か検査しましょう

1つだけ検査をしましょう。
座った状態でつま先を上げて、その状態で誰かにつま先を下げるように力を入れてもらいます。
それに負けないように頑張ってつま先を上げていきます。

もし、明らかに力の入りが悪かったり、片足だけつま先が下がるようならセルフケアではなく専門家に相談してください。

しっかり力が入ったという人はこのままセルフケアを覚えて頑張って改善させましょう。

 

セルフケアのやり方

では、セルフケアのやり方です。

使うツボは、裏・陽陵泉、懸鐘、足三里、解谿です。

1つづつ場所を確認していきます
裏・陽陵泉…腓骨頭の後方
懸鐘…外くるぶしから指4本分上
足三里…膝の下の外側のくぼみから指4本分下
解谿…足首の前のくぼみ

やり方は、つまようじを30本束ねたものを準備します

そのつまようじで皮膚が少し赤くなるくらい刺激していきます
ツボを重点的に神経の走行に沿って行います。

朝、晩の2回行いましょう。

 

 

詳しくは動画で解説しています
↓↓↓↓↓
足の痺れを取る方法、セルフケア【新潟 痺れ ツボ】
https://youtu.be/Gz_e6CWAsJM

ヘルニアだから、足が痺れるは嘘

最初にとても大事な結論から言いますね。
ヘルニアで足が痺れたり神経痛が出るのは嘘だという事です。

まず、最初にこちらを見てください。

↓↓↓

 

しびれがあって私のところに治療に来てくれた方が、その数ヶ月後にしびれがなくなった後に撮ったMRI画像です。

 

どうですか?

 

ヘルニアは画像の通りありますよね?

 

そうなんです。

足のしびれにヘルニアは関係ないです

 

 

次はこちらです。

1995年、国際腰痛学会の論文によると、
症状のない人でも76%人に椎間板ヘルニアが見つかり、
逆に椎間板ヘルニアがある人でも8割は全く症状がなかったということが分かっています。

 

この2点から今回、批判も覚悟して伝えたいことは
『ヘルニアだから足が痺れる、神経痛がでるのは嘘だ』
ということです。

 

私自身、最初に紹介したMRIを見せた患者さんのようなケースは1人や2人ではないです。

何十人と見てきています。

もちろん信じられない事もあると思いますが、
事実です。

 

もし、今ヘルニアと言われ痺れや神経痛に悩んでいるのであれば
まずは原因を見つけましょう。

それが治療の第一歩です。

新しい試みでオンラインで検査や施術を行なっています
いつまでできるかわかりませんが
近くに相談するところがないなど悩まれているんであれば連絡ください。

未分類

【自己紹介】

自律神経、神経痛、しびれを本気で改善したいあなたへ
新潟市で唯一の神経痛専門治療院
かとう鍼灸接骨院 院長 加藤雄太

 

✨ホームページはこちら✨

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

⭐️個別でのご相談はLINEから⭐️
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

🌟自律神経、神経痛、しびれを中心に体や健康に関する考え方、改善方法無料配信中♩🌟

こちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新潟市で坐骨神経痛・ヘルニア・腰痛の治療はかとう鍼灸接骨院