RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法

未分類

今回は、『RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法』について話していきます

なぜ、この話をするのかというと、多くの人がRSDの激しい痛みに苦しんでいるからです。

 

RSD(反射性交感神経性萎縮症)とは

手術や骨折、脱臼、突き指での神経への刺激が発端となって、交感神経の異常なまでの興奮が起こり血管を収縮し、神経が萎縮する状態。

 

RSD(反射性交感神経性萎縮症)の症状

症状としては、激しい痛み、血流が悪い為皮膚の色が悪くなる

特徴的な症状として、焼けるような痛みがあり、私の診ていた患者さんでも「火鉢を差し込まれるようだ」と仰っていた方もいました。

 

RSD(反射性交感神経性萎縮症)を治すにはどうすればいいのか

一般的には交感神経節ブロックです。

ですが、先程説明した通り、交感神経が異常に興奮し、神経への血流が阻害されることが根本原因なので、交感神経の興奮を抑え、神経への血流を回復させることが根本的な改善方法になります。

 

神経への血流を回復させる方法は

脊髄反射を起こすことで、交感神経の興奮を抑え、神経への血流を改善させていきます。

その『脊髄反射』を起こす方法がありますので一緒にやっていきましょう

セルフケアや詳しい解説はこちら

↓↓↓↓

RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法【新潟 自律神経 鍼灸】

HOME > 未分類 > RSD(反射性交感神経性萎縮症)の痛みを改善する方法