偏頭痛の症状

頭痛

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

加藤雄太です。

 

今回は前回の続きで頭痛について書いていこうと思います。

 

前回は頭痛には4種類あるということを書きました。

 

今回はその中の偏頭痛を取り上げていきたいと思います。

 

まず、症状や特徴ですね。

 

・ズキンズキンとかなり強い痛み

・閃輝暗点(目にチカっとする光が見える)

・頭痛発作は4~72時間

・女性>男性(4倍)→女性には月経があるため多くなります

 

などがあります。思い当たる人もいたんじゃないでしょうか?

 

そして、一番大事なことは「どうして偏頭痛になるか」です。

 

これがわかっていれば対策が立てられます。

 

「日ごろの緊張が強く、緊張がゆるんだ時に出る」

 

忙しい仕事が終わりやっと明日は休みだといったリラックスモードに入ると

 

いつも頭が痛くなる方はいませんか?

 

これが偏頭痛の典型的なパターンです。

 

普段は緊張していて血管も縮まっています。そこで伴走している神経も血管によってきます。

 

しかし、いざ緊張がゆるむと血管が広がり隣にある神経を圧迫してしまうのです。

 

これが偏頭痛の発生メカニズムです。

 

じゃあどうしたらいいの?は長くなってきたので次でお話しします。

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

新潟市西区で唯一の【神経痛専門】治療院 かとう鍼灸接骨院

HOME > 頭痛 > 偏頭痛の症状